1. トリキュラーが通販で買える!低用量ピルで生理痛から解放されよう   >  
  2. 生理日が調節できる!?

生理日が調節できる!?

低用量ピルを利用して、生理日が調節できるって知っていましたか?
夏に海に行く予定、冬に温泉に行く予定、そんなときに生理になってしまって、自分だけは入れない、行けなくなってしまったなんて経験も多いはず。そんなときに生理日を事前に調節することで、解消できるのです。
ではどのようにして低用量ピルで生理を調節することができるのでしょうか。

はじめに

生理日が調節できるなんて、夢のようなことがあるのでしょうか。
女性は生理の前後で、体のコンディションに違いを感じることが多いはず。生理前・生理中になると甘いものが欲しくなる、体がむくみやすい、肌荒れがしやすくなるのもこの時期ですね。逆に体の調子がよくなるのは、生理が終わってから数日後という人が多いです。デートの約束やイベントに、自分にベストな日に合わせられるって、素敵なことだと思いませんか?

生理を早める

ピルシートは21錠が本当のお薬として作用し、7錠は偽薬として飲み忘れを防ぐためについています。
次回の生理を早めたい場合は、生理中の5日間の間で、21錠のシートを1日1錠、生理を早めたい日まで、ピルを服用し続けます。飲み終わるといつもより少ない量の整理が2〜3日できます。そうしたら次の21錠のシートの1錠目から飲み始めます。

生理を遅くする

生理日を遅くする場合は、21錠のお薬を生理がきそうな日の約5日前から飲み始め、生理をさけたい日まで飲み続けます。
基本的に約10日程度は調節することができます。

ピルを飲み続けることで、生理を防ぐことはできません。あくまでも生理日を調節するということと、あまり頻繁に生理日を調節することも好ましくありません。あくまでも大切なイベントごとに合わせる程度にとどめましょう。