1. トリキュラーが通販で買える!低用量ピルで生理痛から解放されよう   >  
  2. トリキュラーの副作用  

トリキュラーの副作用  

低用量ピルを服用しよう!と考えた時に、一番気になるのが副作用ではないでしょうか?
海外と比べると、低用量ピルがまだまだ定着していない日本では、低用量ピルの服用を続けると、「妊娠しないのではないか?」「体調が悪くなるのでは?」と思いこんでいる人も多く存在します。
ここでは、低用量ピルの主な副作用をまとめてみました。

はじめに

トリキュラーの服用をはじめると、妊娠初期のような症状に似てくるといわれています。
お薬に慣れるまでの約1週間は、頭痛や吐き気が出る可能性もありますが、体が慣れてくると症状は落ち着いてきます。

血栓症

低用量ピルの服用で、一番気をつけたい副作用が血栓症です。
血栓症は、血管の中にできた血の塊が、血管の中でつまってしまう病気です。もし血栓が脳や心臓に出来てしまうと、脳梗塞や心筋梗塞といった病気を引き起こすことになります。
ピル服用後に動悸が激しくなり、手足にしびれや痛みが出てくるようであれば、すぐに医師に相談しましょう。

血栓症は、ホルモンバランスが崩れたり、エストロゲンの量が多かったりすると起こりやすいといわれています。
低用量ピルはエストロゲンの量が少ないため、血栓症のリスクは低いことがわかりますが、個人個人で合う合わないは出てきます。自分にあったお薬を選ぶことが、長く続けるポイントといえるでしょう。

まとめ

低用量ピルを服用することで、生理不順や生理痛が改善するほか、女性特有の病気である、子宮内膜症や子宮がんも予防できます。また望まない妊娠を防ぐこともでき、更年期障害にも効果的に作用し、どの年代になってもうれしい効果が期待できるお薬です。
きちんと服用方法を守り、自分にあった種類を選ぶことが長く続ける最大のポイントでしょう。