1. トリキュラーが通販で買える!低用量ピルで生理痛から解放されよう   >  
  2. 生理痛のメカニズム

生理痛のメカニズム

「生理痛がまったくない」という人もいれば、「生理痛で起き上がれない」と重い症状の人もいます。また生理痛がひどくない人でも、体調によって生理痛が出てきてしまう人も多いのではないでしょうか。
ここでは、生理痛の原因と予防や改善方法をご紹介します。

生理痛の原因

生理痛の原因には、いくつかの要因がありますが、基本的に多い原因といわれているのが、「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンに似た物質です。子宮を収縮させて、子宮への血流を減少させ、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる働きがあります。
生理中にプロスタグランジンが多く分泌されすぎてしまうと、子宮の収縮が強くなり、下腹部の痛みが増す原因に。生理痛がひどいと言われている人は、このプロスタグランジンが生理痛のないひとよりも多く分泌されているそうです。

生理痛を改善させる方法

生理痛がひどくなったときは、無理をせずに体を休ませましょう。
シーズン関係なく、身体を温めることで、生理痛の緩和になります。また生理痛には、体の中の病気が隠れている場合も。生理痛がいつもと違う違和感や、症状が重くなるようでしたら、婦人科で医師の診察を早めに受診して下さい。

生理不順の場合、ホルモンバランスが日常的に悪い場合も多く、低用量ピルを服用し生理不順を改善するだけでも体の中のホルモンが整い、生理痛が改善されます。ほかにも女性ホルモンが急に増えることで、自律神経が乱れてしまい、月経前症候群を引き起こしてしまう可能性も出てきます。
毎月の生理を安定させることは、女性の体を整える上で非常に重要です。生理を安定させて、生理痛から解放されましょう!